二宮和也が「青い炎」に苦い思い出!「あれ以来、映画に出るのが怖くなった」

6月12日に主演映画「青の炎」のBlu-rayが発売される嵐・二宮和也

同映画が公開されたのは2003年で、12年の時を経て甦ることになります。

二宮にとって、同映画は苦い思い出が詰まった作品のようです。
ranking


二宮と言えば、ジャニーズ屈指の演技派俳優です。

後輩の中にも、俳優としての二宮に憧れを持っているものが少なくないと言われています。

そんな二宮も、最初から何もかもがうまくいっていたわけではないようです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

ファンにとっては、同映画のDVDが廃盤になっているだけに、Blu-ray化はうれしいですね。

二宮は、同映画には苦い思い出があるようです。

同映画のせいで、映画に出演するのが怖くなったというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?

このことについて、自身のラジオ番組で二宮が語りました。

同映画は、二宮にとっては映画初主演作でした。

そのため、二宮は調子に乗って、初日の舞台あいさつではいかにも俳優というような口調で、あいさつを済ませたというのです。

この時は、二宮が来るということで、大盛り上がりだったそうです。

たまたまその日に、関係者の人と同映画を観るとこになり、こっそり劇場の客席に行ったといいます。

すると、まさかと思えるような光景が広がっていたというのです。

劇場は、ガラガラだったのです。

何時間か前は、自分が舞台あいさつに登場し、大盛況だったのに。

初日に閑古鳥が鳴くというのですから、二宮はショックだったと思います。

これ以降、映画に出るのが怖くなったのだそうです。

気持ちはわかりますね。

自信が一気になくなってしまったのでしょう。

次の主演作もガラガラだったら、どうしようという気持ちになりますからね。

興行収入はよくなかったようですが、同映画に出たことで二宮の俳優としての道が開けたというのです。

映画雑誌記者は、次のように語っています。

 
(以下引用)

「ヒットこそしなかった『青の炎』ですが、監督は演劇界の重鎮・蜷川幸雄ということもあり完成度が高く、批評家からの評価も上々だった。さらに、本作での二宮の演技は海外監督の目にも留まり、映画『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビューが決まったのです。当時、海外進出は事務所のゴリ押しという声が一部でありましたが、決定権を持っていたのは世界的巨匠のクリント・イーストウッド。日本の事務所の力はまず通用しないでしょう。つまり、ハリウッド映画への出演は、紛れもなく『青の炎』での二宮の演技が評価され、彼自身が勝ち取ったものです」

(アサ芸プラスより)

確かに、日本では大きな力を持っているジャニーズ事務所でも、海外では無力に等しいですね。

いくらジャニーズ事務所が頑張っても、二宮をハリウッドデビューさせることはできなかったでしょう。

ジャニーズ 蜷川幸雄と言えば、木村拓哉との驚きのエピソードがあります。

SMAP・木村拓哉が「盲導犬」を演出した蜷川幸雄氏にタメ口で話していた!
geinouranking
geinoureading
geinouranking
geinouranking

ヒットしなかった「青の炎」をよく海外の監督が観てくれましたね。

それが不思議です。

二宮は、ちゃんとオーディションを受けて合格しています。

「青の炎」の演技だけが評価されたわけではありません。

やはり、二宮の演技力はハリウッドでも通用すると判断されたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ハリウッドデビューを果たした後は、二宮の俳優としての評価はうなぎ上りで、次々に出演オファーが入ってきたそうです。

今では、数多くの映画に出演する俳優にまで成長しました。

二宮にとってはあまりよい思い出ではないかもしれませんが、結果的には「青の炎」は俳優人生を大きく変えるきっかけとなった作品になりました。

二宮ファンなら、観ておいた方がいいかもしれませんね。

ジャニーズ 映画「硫黄島からの手紙」の撮影エピソード!
geinouranking
geinouranking
geinoureading
geinouranking

ブログランキングに参加しています。応援の方、よろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

このページの先頭へ