「アド街」の司会者に就任した井ノ原快彦がファンを感動させた一言とは?

「出没!アド街ック天国」で、司会を務めることになったV6・井ノ原快彦

デビュー当時を振り返って言った井ノ原の一言が、ファンの感動を呼んでいるというのです。

それは、どのような言葉だったのでしょうか?


井ノ原と言えば、今やNHKの朝の顔ですね。

「あさイチ」で、一気に人気・知名度がアップしました。

もう井ノ原抜きでは、番組が成立しません。

ジャニーズ 井ノ原快彦がタモリの発言を一蹴!
geinou

井ノ原は、名司会者としての地位を確立しましたが、他のV6メンバーはどうなのでしょうか?

デビュー後、テレビ番組「学校へ行こう!」が大人気になるなど大活躍だったV6ですが、後輩の台頭もあって、グループでの活動がどんどん減っていきました。

1年を通して、ほとんどメンバー全員が揃わない時期もあったようです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

メンバーは、ソロでの活動がメインに。

トニセンの坂本昌行はミュージカルで、長野博はグルメリポーターとして、井ノ原は司会として活動しています。

カミセンの森田剛は舞台で、三宅健はバラエティで、岡田准一は俳優として頑張っています。

しかし、昨年V6がデビュー20周年を迎え、状況が一変しました。

V6は、NHK紅白歌合戦に初出場を果たすなど、再ブレークしたのです。

CDを出したり、CMに出演したりと、大忙しのようです。

デビュー当時を振り返って言った井ノ原の一言に、ファンが感動したというのです。

 
(以下引用)

「いまV6があるのは、カミセンのおかげ。カミセンがいなかったらトニセンはなかった」

 カミセンがブレイクする一方、トニセンはデビュー後も少年隊のバックで踊るなど不遇の時代が長かった。

「アイドルとしては歳を取り過ぎていたし、オーラもイマイチだった。トニセンだけのライブでは、会場が空席だらけのこともあった。カミセンのおかげでここまで来れたと、素直な思いを告白した井ノ原は、ファンの間でますます好感度がアップしています」(芸能ライター)

(アサ芸プラスより)

確かに、カミセンは大人気でしたね。

すごかったです。

例え事実であっても、なかなか言える言葉ではありません。

井ノ原の人柄のよさと、器の大きさを感じますね。

スポンサーリンク

トニセンとカミセンでV6です。

これからも力を合わせて、V6を盛り上げて欲しいですね。

「アド街」での井ノ原の司会が、今から楽しみですね。

ジャニーズ 愛川欽也の降板で「アド街」のMCは井ノ原快彦に!「薬丸裕英がよかった」という声も!
geinou

ブログランキングに参加しています。応援の方、よろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

このページの先頭へ